読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属片やむなし

君の影を踏みに。

我ながらひどい

さて何を書こうか。目をつぶって頭をぐるぐる振って、最初に目についたものについて書くことにしよう。さあ目をつぶって…。


河童と目が合った(強弁)。

しばし見つめ合ったのち、彼は「俺が見えるのか?」と聞いた。

「見えるとも、お前は河童だろう」

「いかにも河童である。世に聞こえし『水道橋の紅天狗』とは俺のことよ」

「聞いたことないしお前は河童で緑色だ。なんだ『紅天狗』って『緑河童』くらいありえないぞ」

「うるさい、妖には妖のしきたりがあるのだ」

「クビナガキリン、ハナナガゾウ」

「黙れ下郎、尻子玉を抜くぞ」

「あいにく常識人なのでパンツもデニムも履いている。もしかしたらチャックは開いているかもしれないが」

「勝負は相撲で決めよう」

「こちとら根っからの文化系、体力勝負は勘弁願いたい」

「なんと我儘な奴だろう! 霞ヶ浦の次郎丸ですらここまでではないぞ!」

「おや河童の次郎丸をご存知か」

「存知も何も奴と俺とは義兄弟、遠野で夏を共にする間柄よ」

「そうか俺も奴とは浅からぬ因縁、他人ではない」

「次郎丸とは何が?」

霞ヶ浦で行き倒れていたところ『腹が減っているのか』と生の銀鮒を渡され閉口した。ビチビチいってんのに食えるかっつーの」

「あいつそういうとこあるよな」

「配慮がないんだ」

「俺もあいつから生のキュウリを渡されたことがある」

「それはいいだろ」

「両端を落として灰汁抜き、板ずりくらいはやってほしい」

「野生を失いすぎじゃないか」

「できればもろみ味噌を添えて」

「居酒屋か。河童なら生で食え、バリバリ食え。俺の夢を壊すな」

「お前ら人間は河童に夢を見過ぎなのだ。俺だって普通の河童だ、普通に生きてるし、普通にウンコもする」

「いや『アイドルはウンコしない』みたいな夢は見てないから」

「河童の肛門から出るものを3つ答えよ」

「えっ」

「正解は花びらとダイヤモンド、それからたまにトウモロコシだ」

「ちょっとキレイめに振ってごまかしてるけど、ド直球の下ネタだよね?」

「ごまかしているのではない、匂いを消しているのだ」

「ウンコだけに、って言いたくねえよ!」


…最後までお読みいただきありがとうございました。これからもこの調子で書いていきます(断言)。どうぞよろしく。