読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属片やむなし

君の影を踏みに。

目標設定

年度始めであるので、本年度の抱負などを述べたい。いきなり殊勝なことを書いているのはエイプリルフールだからだ。

先日会社で「来期より各人に目標設定をしてもらう。ついては目標設定シートに記入して提出すること」と申し付けられた。またぞろ社長の思いつきである。ウチの社長は思いついたら即行動するので、現場は常に「どうか思いつきませんように」と祈っている。ただし祈りが通じたことはない。

そんなこんなで目標設定シートを記入した。「技術のキャッチアップを怠ることなくWEBの動向にも目を配り、それからオフィスで猫を飼いたい」これを目にした社長は「うん、技術のキャッチアップもWEBも大事だ。……それから少し長めの休暇が必要か?」と言った。目がやさしかった。俺はそのやさしさに包まれてしまい、如何に本気であるか、オフィスに猫がいることで社員の福利厚生に貢献するか、ってか数年前の年末、帰省寸前に仕事をぶっ込まれオフィスにウチのねこ連れてきたときにみんなすげえ和んでたじゃん、などの言葉を飲み込んでしまった。

本当のことを言うなら、おれはひとより猫の扱いに長けている。きっとオフィスで飼い始めた猫は他の誰でもなくおれのデスクにやってきて、キーボードの上に座るだろう。おれは「もー仕方ないな」とニコニコしながら仕事をサボれる、そういう算段だ。

全てのオフィスに猫を! 全ての人生は猫と共に!