読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属片やむなし

君の影を踏みに。

君の名は2

お久しぶりのお目汚しでございます。ポケモンGOに忙殺されておりブログの更新ができませんでした(真顔)。
気がつけばポケGOのアップデートでドードーの出現頻度がぐっと減り、リリース当初の「これってポケモンGOじゃなくてドードーGOなんじゃね?」という状態で思いついた「ドードー巡り」というダジャレすら披露できぬままレベル24になりました。1日23キロ歩き倒したりした結果です。さすがに翌日は死んでましたが。

ニャースってそんなにレアではないけど、見つけると嬉しくなりますよね。やっぱメジャー感がある。リアル街なかで猫を見つけるのと同じくらいの遭遇頻度。

それで、流れるように強引に話題を振るわけなんですが、今日は猫を「ニャンちゃん」と呼ばないでいただきたい、というお話をします。
これって以前から言ってる猫グッズ苦手問題と通じるところがあるのですが、おれにとって猫って「肉食獣」なんですよ。しなやかで美しい、気高い生きものなんです。いやまあ実際にはそれなりにドジだったりすごく甘えてきたりもするし、そういうのがすげえかわいかったりもするんですが、それだけじゃねえだろ、と。
言うならばツンデレからツンを抜くなよ、と。猫の写真に吹き出しつけて「あったかいニャン♪」とかピンクの丸ゴシックで勝手なセリフを言わせるな、猫を「ニャンちゃん」って呼ぶのはそういうことだぜ? と。

なんだよ「ニャンちゃん」って。「鳴き声+ちゃん」って頭おかしくね? 同様に「ワンちゃん」ってのがあるがそれが許されるのは昭和のホームラン王、王貞治だけだ。いやまあ犬ってそういうとこあるけど、あるけどさあ。
じゃあライオン。ライオンを「ガオーちゃん」って呼ぶのか。2016年現在「ガオー」が許されるのはシン・ゴジラ石原さとみだけだろう。トラはどうする? 区別できんのか?
あまり知られていないが、キリンの鳴き声は「モー」だ。偶蹄類の定めか。100歩譲ってキリンを「モーちゃん」と呼ぶとしよう、じゃあ牛はどうなる?
「ブーちゃん」。これは明らかに豚ではなく人間を指す名前だ。っていうか家畜に名前を付けてはいけないってマンガ「銀の匙」でさんざんやってただろ! 「メーちゃん」。羊だ。これを許容すると「となりのトトロ」でサツキの妹は羊ということになってしまう。確かに劇中でおばあが「メイちゅわ〜ん」って言ってたの、羊の鳴き声っぽいビブラートだったけど。

このように、「鳴き声+ちゃん」呼びは不都合なことが多い。最後に駄目押しをしておこう。

「味の素のクックドゥから、『クックドゥードゥルドゥーちゃんの唐揚げ甘酢あんかけ』が新発売!」

欧米か。