読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属片やむなし

君の影を踏みに。

執着と安堵

いなば食品の「CIAOちゅ~る」のCMがあるだろう。たくさんのネコがぺろぺろしているだけの多幸感あふれるアレだ。「ウチのコも全国デビューさせたい!」なんて飼い主さんも多いのではないだろうか。

http://bit.ly/2jE77Nd

先日テレビを見ていたところ、画面に「いなば」のロゴと「食塩不添加」の文字が映った。さていつネコが出てくるのだろう、と見ていたらなんと人間用のツナ缶のCMであった。けっこうショック。

そう、CIAOを作っているいなば食品は「いなばのタイカレー」でおなじみのいなば食品であったのだ(正確にはペットフード事業は分社化している)。

そこでいなば食品は人間とネコのどちらに力を入れているのだろう、と調べてみた。CMのGRPである。
GRPとは「延べ視聴率(Gross Rating Point)」の略で、ざっくり言うと「どれくらいの人がCMを見たか」という数字だ(桃から生まれて鬼を倒しました、くらいのざっくり感)。

関東広域圏、10月1日から1月25日までのデータを週ごとのグラフにした。ちょっとアレなのでグラフの縦軸は隠させていただく。 なお人間を対象としたCM素材は「いなば缶詰製品」、ネコを対象とするのは「いなばCIAO」「いなば金のだし」「いなばCIAOちゅーる」とした。「俺だって毎日CIAO食ってるのに!」という方には申し訳ないが、今回はネコとして扱わせていただく。っていうかもうちょっとネコの自覚を持て。お前はネコだ。

ではグラフである。

f:id:guru_guru:20170127234449p:plain

どうだ! 我が軍は圧倒的ではないか! いなばはニンゲンよりもネコを大切にする企業なのだ! 何? 買っているのはネコではなくて飼い主? ばかをいえ、ニンゲンは「買わせていただいている」のだ。
ネコ様が喜ばないならば飼い主は買わない。

ニンゲンはツナ缶でも食ってろ。