読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属片やむなし

君の影を踏みに。

less than

阿佐ヶ谷に「ミート屋」という店がある。わりと行列の出来がちな人気店なのだが、看板には「ミートパスタ」とあり、提供しているのはミートソースのスパゲティだ。

うん、難癖をつけるわけではないのだけど、「ミート屋」って直訳したら「肉屋」だからね。ちょっと略しすぎなんじゃね?

世の中には略してはいけないことばというものがある。
過去に母が「ステンの食器」と言ったことがある。いやいやいやいや、それじゃ「錆びた食器」になってしまいます母さま。ステンレスの「レス」は「ない」ことを示すんです。だからこれを取っちゃうと意味が真逆になってしまいます母上さま。

そう、「レス」だけは決して略してはいけないのだ。
「ミラーレス一眼」ってあるだろう。あれは一眼レフから反射鏡を取り払ったからミラーレスと呼ばれるのであり、「ミラー一眼」(ややこしい字面だなあ!)と略してしまうと本来の一眼レフを示すどころか「頭痛が痛い」状態になってしまうのだ。

繰り返す。「レス」を略してはいけない。
レスリング」から「レス」を略すとどうなるか。リングが残る。プロレスはリングを使うが、アマレスでは使われない。そもそも「アマレス」から「レス」を抜くとただの素人が呆然と立ち尽くすことになる。グレコローマン級の素人ってなんですか。

「レスポンス」から「レス」を抜いてみる。「ポンス」とはポルトガル語で柑橘類の果汁を示す。「ポン酢」の元になったことばだ。

……ライブは佳境に差し掛かり、コールアンドレスポンスの時間を迎える。

「盛り上がっていきましょう!」
(ポン酢をトットット)
「Say Ho!」
(トットット)
「Say Ho! Ho!」
(トットット)

「……ありがとうございました! ザ鍋奉行ズのみなさんでしたー!」

ね? 「レス」を略すとこんなに悲惨なことになるんですよ。それにしても「ザ鍋奉行ズ」ってアマチュアの企画バンドが高確率で付けてそうな名前だな。

今いちど確認しておく。「セックスレス」から「レス」を抜いたら「セックス」ですよセックス! 意地でも伏せ字にしねえからな!

レオパレス」の「レス」略すと「壁ドン」の意味が変わるんですって。