読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属片やむなし

君の影を踏みに。

忘却の彼方に

「あ、これブログのネタにしよう」と思いついてボンヤリしてるうちに忘れてしまうことがある、あるというか良くある、ってか9割がたは忘れてしまう。たまにメモしたりもするんだけど、おれのメモは「一斗缶 トマトをぶつける」など謎に満ちていて何が言いたいのかわからない。
おれきっとアレだな、金銀財宝を隠して宝の地図書いてわかんなくなるタイプだな。っていうかドングリ埋めた場所わすれて結果的に森を育てるタイプか。

おっこれ使えるぞ。「わたしよくリスっぽいって言われるんですー」とかさ、憑依系かわいく思われたい女子どうぞお使いください。まあその実ただの健忘症なんだけどな。

頬袋にめいっぱいのやさしさを詰めて。