読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金属片やむなし

君の影を踏みに。

括約筋のケアレスミスみたいなやつに名前を付けたい


はてななんぞやってると「漏らした」増田ばかり見かける。しかしたまに「それはちょっとどうなの?」と思うことがあるので一石を投じたい。

我慢を重ねて極限状態になることがあるだろう。
「ちょっと行きたいかも。でもここウォシュレットないからなー」から始まり(この時点で明らかに判断を間違えている)、「あれ、ヤバいかも。この先にコンビニあったよな」だんだん嫌な汗が浮かんでくる。「あと少し、あと少しだから」と自分を励ましながら少し変な歩き方でようやっとたどり着いたセブン、トイレの扉がない。「当店ではトイレはお貸ししておりません」の貼り紙。ちゃんと返すから貸してくれませんか?
……まだだ! まだ戦える! 脳内コンビニマップを検索、「近くて便利セブンイレブン」この時ほどセブンの集中出店戦略をありがたく感じたことはない。捨てるセブンあれば拾うセブンあり。普段は意識することのない腸が蠕動しているのを実感しながら次のセブンを目指す。1メートルが10メートルほどに感じられ、視界に次のセブンが入ってきたときは「希望を捨てないぞ!」という強い感情が湧いた。無人島に漂着した人が船影を見つけたときってこうなんだろう。
脂汗をダラダラと流しながらヒョコヒョコと奇妙な格好で歩き、「あとちょっと、あとちょっとだから」と念仏のように唱える。ようやっと入店、ここはトイレ貸してくれるよね、と祈るように視線を壁に這わせる。あった! トイレだ! 僕らの希望だ!
しかし入り口からトイレまでが長い。1メートルが20メートルほどに感じられ、それに変な歩き方を店員さんに見られるのも恥ずかしい。しかしあとちょっとなのだ、あとちょっと我慢すれば漏らさなくて済むのだ! ほら、あと3メートル……。

赤い。赤いあかいあかい。ドアノブの下が赤い。一瞬崩れ落ちそうになる。頭の中でベートーベンの「運命」が高らかに鳴り始める。ベタだろうがなんだろうがそうなんだからしかたがない。「掴んだ理性を絶対に離すな!」そうだ理性だ、判断をしなければ。トイレが使用中の場合、出てくるまでの時間が読めない。ここは撤退か、しかし次のコンビニまで持ちそうにない。しかし待ちきれなかったら、ここで、コンビニの中で醜態を晒すことになる。でも待つしかない、神よ!

……幸いそれほど待たされることなくドアが開いた。こっちはもう足踏みしたり顔を真っ青にしたりで爆発寸前である。ここで気を抜いてはいけない、張りつめた気はゴール寸前で緩むものだ。ゴールしなければこれまでの苦労は水泡と帰してしまう。
「あとちょっと!」ドアを開け、便座の蓋を開ける。「あとちょっと!」ベルトを緩め、パンツを下ろす。「あとちょっと!」理性と肉体のギリギリのせめぎ合い、爆発寸前の格納容器はもうメルトダウン寸前!(我慢しすぎて言語感覚まで狂ってきている)そして便座に尻が触れたか否かのタイミングでの放便!

……やった、なんとか勝った!

あまりにも辛い戦いであった、だが勝った。おれは勝利したのだ!
……圧倒的な安堵感と達成感。おれは許されたのだ、人間としての尊厳を守りきった。やり遂げた自分を褒めてあげたい。というか褒めましょう。こんなときくらい自分を褒めなくていつ褒めるんです?

これがですね、この圧倒的なこれがですね、「漏らした」ときにはこのまんまのパワーで襲い掛かってくるんですよ。さっきまでのは「漏らさなかった世界」でのお話なんです。


……圧倒的な敗北感。人格の否定、尊厳の否定。普段さんざえらそうなこと言ってるくせに漏らしちゃうんだもんな。人間なんて一皮むけばこんなもんですよ。だらしねえ。

でも同時に奇妙な安堵感もあるんです。「もう戦わなくていいんだ」って。
……おれは戦争を知らないけど、戦争に負けるってきっとこういうことなんです。おれはフィギュアを知らないけど、引退を決意した浅田真央選手もきっとこんな気持ちだったはずです。今のおれは浅田選手みたいにみんなに勇気をあげられてるはずなんです。

たまに「おならだと思ったのに」みたいなのを「漏らした」って言う人がいますが、そんな括約筋のケアレスミスみたいなものを「漏らした」だなんて言ってほしくない。「漏らす」ことができるのは戦い抜いた者だけなんです。必死で努力と研鑽を重ね、戦ってたたかってたたかった、その結果「漏らす」んです。たまたまトリプルアクセル跳べたからって浅田選手と比べるなんていくらなんでも失礼じゃないですか!

漏らしたことのない者は幸いである。
しかし人間には、何かを諦めなければいけない瞬間がある。両手で抱えられる以上のものを持つことはできないのだから、何かひとつを選んだときには、何かひとつを諦めて手放す。これを繰り返して人はおとなになっていく。諦めて手放したときの小さな胸の痛みは、やがてかさぶたになって君の心を強くしていく。

漏らしたことのない者は幸いである。
しかし待ってほしい、君はおくびょうなだけではないか? 戦うことを恐れ、正面から向き合うことから逃げてはいないか。どこか人生を達観した気になって、冷めたフリをしてごまかしていないか。アホロートルのように幼生のまま成長してしまったことを後悔していないか。ちょっとでも気を抜くと心が熱い戦いを求めて暴れだそうとするのを、無理に抑えこんでいるのではないか。本当は「自分だって戦える」って叫びたいんだ!


……君の括約に期待している。


※ うんこの話です。
※ 「放便」って造語のつもりだったのですが、本来はトイレ以外の場所でするという意味らしいです。
※ 浅田選手には全力で謝罪します。本当にごめんなさい。

※ 「ケアレスミスみたいなやつ」、「ひやかす」ではどうか。「うんこひやかした」。どうか。