金属片やむなし

君の影を踏みに。

黄昏

上野はアメ横の一角に、ケバブ圧の強いエリアがある。

ケバブ圧とは聞きなれないことばだと思うが、まあこういうことだ。
歩いていると中東系の顔立ちをした店員さんが「オニサン、ケバブどう? オイシイよ!」と勧めてくるのだ。「結構です」と断っても、「食べるデショ? ケバブ! オイシイ!」などとグイグイくる。「いやいやいや、」「ドシテ食べナイノー!?」正直この問いには「おなかすいてないから」以上の理由が求められている気がする。今度「だってちゃんとハラル認証とってないでしょ?」くらいは言ってみようか。

そしてこの客引き、ひとりだけではない。当該エリアには4軒ほどのケバブ屋が密集しており、ひとり目の客引きを振り切ったところで次の刺客が現れるのだ。 「ケバブ! オイシイ! 500エン!」 まだ日本語がおぼつかないようだが、ことばを3つ並べるとだいたいのことは通じる、という好例である。

「ゴウ」「ダマ」「シッダールタ」
これを目にしたあなたの脳内にはひとりの人物が浮かんでいるはずだ。そう、仏教の開祖たるブッダその人である。彼もまた3つのことばを残している。
「天上」「天下」「唯我独尊」
これだけで仏教をざっくり理解した気になれるのだからたいしたものだ(杉並区でも十指に入る雑な仏教理解)。

…ことばは3つだけだがこの客引き、パーソナルスペースが狭いのか妙なプレッシャーがある。上島竜兵がキスする直前くらいの距離感、といえばご理解いただけるだろうか。全く食欲を減退させる例えではあるが。

このようにアメ横ケバブ売りはそれぞれに圧が高い。今でこそ「ノーサンキュー!」と言えるおれだが、14歳のころのおれだったら言われるがままにケバブを食べ続け、食べきれなくなったケバブを両手に抱えこんで「こんなに食べられないよー!」と泣き出していたとおもう。それほどまでのケバブ圧だ。

なぜここまでケバブ圧が高くなったのか。それはやはり過当に密集しているからだろう。人はケバブのみにて生きるにあらず(宗教ネタってこれくらいうっすらでもドキドキしますね!)、ケバブだけでは人の心は埋められないのにケバブアフターケバブ、過当競争でパイの奪い合いになっている。せっかくだから奪い合ってばかりでなくケバブを入れたミートパイでも開発してはいかがか。

頼むから静かにしてくれ

新宿の四文屋に行った。
うるせえ。とにかくうるせえ。パリピみたいな人種がやたらと大きな声で話していて、その騒音にかき消されてまともに会話ができない。店全体のボリュームがぶっ壊れている。全員がフルボリュームで、全力で声を張っている。

セミは地面の下で12年過ごして、晴れて成虫になって空を飛ぶようになるのだけど、その寿命は約1週間と言われている。まあそれはガセなのだが、成虫でいられる期間が短いのは確かだ。ために全力で声を張り上げて交配相手を探す。命をつなぐ、遺伝子を残すため必死で「ぼくはここにいるよ!」とアピールする必要がある。セミの声が常にフルボリュームなのは必然なのだ。

パリピも声がでかい。その本能が声を張り上げさせる。なぜなら奴らには、セミの遺伝子が入っているからだ。いつだってフルボリューム! 人造人間セミ人間! お前らの寿命も1週間でありますように! ウェーイ!!

立川で居酒屋に入ったところ、ウルトラマンのフィギュアがたくさん並んでいるほか、何かがシャア専用だったり変なポップが貼り出されていたりしてなんというか頭の悪いヴィレッジヴァンガードのような店であった(別にヴィレッジヴァンガードが頭が良いとは言っていないので注意)。

客層は学生がほとんどのようで、とてもとてもチャラい若者たちがとてもとてもウェイウェイしていたためこちとら完全にアウェイアウェイである。人生いつだってアウェイなんだ。
幸い彼らとは離れた席に通されたのでそこまでうるさくは感じなかった。それでも向こうの世界はまぶしいな、とドロリとした目をしてすみっこでボソボソと酒を啜っていると、突然店内の照明が落ちた。すわ停電、と色めき立った直後にミラーボールが回り出し、ハンドマイクというか拡声器を手にした店員がアジテーションを始める。

「お楽しみのところ失礼いたします! 本日はみなさんにお知らせがございます! なんと今日、今日は当店の常連さんである○○さん、立川一のイケメン○○さんの! お誕生日でーす!」

全力で知らんがな。

その後も店員は15分以上も客を煽り続け、アルコールヘッドの客たちのテンションは右肩上がりとなった。店員と客はよくわからないコールアンドレスポンスをし、おれのジョッキは空になり、視界の隅をコソコソと乳繰り合う男女がかすめ、知らない若者が挨拶をしたりお礼を言ったりウェイウェイウェイウェイ、本当にアウェイだな! とげっそりしてきたところで、

「それではこれより店員一同が、全ての席の、全てのお客様とお祝いの乾杯をしに回らせていただきます! 今日の出会いに感謝して! それではみなさん、カンパーイ!!」

もう苦笑するしかない。完全に君たちの勝利、未来は君らの手の中だ。おれは席まで回って来た店員と杯を合わせ、「さっき頼んだレモンサワーまだ来てないんだけどな」と思いながら空になったジョッキを飲み干すふりをした。

化粧扇子

今年は珍しく扇子を失くしていない。
例年だと年に10本ほどの扇子をなくしている。ピックとライターに次いで失くなるもののひとつだが、これらと決定的に異なるのは、扇子は外出先で失くなるということだ。

ピックとライターは室内で失くなる。というか、妖怪ピック隠しと妖怪ライターヴァニッシャーの仕業である(妖怪? ヴァニッシャー?)。
扇子は妖怪のせいではない。おれの不注意で失くすのだ。都内のカフェや居酒屋、南インド料理屋やネイティブネパール料理屋などに、おれがいた痕跡を残していく。おれの存在ははかない(パンツくらいは履いている)ので、せめて扇子くらいは残していこうとするのだ。肉親から口減らしとして遺棄されたヘンゼルとグレーテルが道しるべとしてパンを撒くように、おれは扇子を撒く。ためにおれの扇子には「ここにいた」と書くようにしている。もし都内でそのような扇子を見かけたら、そっと持ち帰ってほしい。おれがいたことの小さなかけらである。もちろん嘘なのだが。

ところでお菓子の家の魔女はヘンゼルを太らせて食べるためにグレーテルにごちそうを作らせる。牛肉1キロを生産するのに必要なトウモロコシは10〜30キロと言われているが、ヘンゼル肉1キロを生産するのに必要なエネルギー量を1ヘンゼル=10グレーテルごちそうと呼ぶとしよう。魔女はトウモロコシのみにて生くるにあらず、ケーキを食べればいいじゃない! いったい何を書いているんだおれは!

この童話をブログのネタにするのは二度めだし、ケーキを食べればいいじゃない、というのも何度かネタにしている。もう慣れたものだ。ところで「大人の王様ゲーム」というのを思いついたことはもう書いたっけ?

「王様だーれだ?」
「俺おれ!」
「吊るせ! 王を吊るせ!」

…… 革命で王様がギロチンにかけられるゲームだ。ギロチンに切り落とされ、首だけになってなおじょうずに民衆を睨みつけられたら王様の勝ち、首塚を建立してもらえます。おめでとう!

今日のはさすがに自分でも気持ち悪いことを書いているという自覚がある。いつもこんなことを考えているわけではないし、たまにはヘンゼル肉も食べたい。扇子を失くすという話題から思いつきと連想だけで文章を書いていたらここに着地した。着地失敗!

灼熱散歩

目黒天空庭園という場所がある。首都高大橋ジャンクションの上に作られた庭園で、都会のオアシス的なアレらしい。オアシスと言っても兄弟仲が悪いバンドのほうではない。

散歩の途中で通りかかったので、とりあえず入ってみることにした。入り口が複数あるようで、ひとまずは最上階である9階へ。エレベーターを降りドアをくぐると猛暑日の太陽が照りつける庭園が。

「あー、こんな感じなんですね」

都内に暮らしていても、普段から緑を渇望している訳ではない。東京は世界でも有数の緑化率が高い都市である。最悪スーパーにでも行けばイクラでも緑は見られる。ゴーヤとかズッキーニとか。鮮魚売り場に並ぶイクラだって緑を見られるのだ。ほらイクラって眼球っぽいじゃん。なんの話だ。

まあ草だの木だのを眺めるのも悪くはないかもしれない、でも今はそれよりもジリジリと無遠慮に肌を灼きつけてくる日照から逃れたい。これにて目黒天空庭園の見学は終了!

早々に屋内へ戻る。
自販機で買った麦茶が身体に沁みわたる。ああこれが都会のオアシス!(ただし屋内)
人類の叡智はクーラーを生み出した。日差しは厳しく、文明はやさしい。やさしさと涼しさに包まれて体力気力ゲージが回復する。

「3階にも天空庭園の入り口があるようですが」

せっかくなので3階部分も見てみることにする。なんというか、博物館の前庭みたいな風景が延々と繰り返される感じである。

「だいじょうぶですか、これ本当に我々が求めているものですか。我々には必要がない感じじゃないですか」

ぶつくさと文句を言いながらも歩みを進めていく。

「こう、道をクネクネ曲げることで限られたスペースを少しでも広く見せようって魂胆なんですね。リソースの使いかたが効率的、と意地悪くほめておきましょう」
「『オーパス夢ひろば』って書いてありますよ。自分でopus名乗っちゃうのって正気とは思えないんですがいいんですかこのセンス」

身体に暑さが蓄積されるにつれ口さがなくなってくる。そもそも税収の多いであろう目黒区が金にあかせて無理めの緑化運動をするってのがバブルの発想っぽくていけ好かない。っていうか固定資産税収入すごそうだな目黒区、資産持ちいいなあ! おれも不労所得ほしい! 金の卵産みたい!

東屋があった。
東屋というのもまた文明である。日差しは遮られ、都会の風が吹き抜けていく。正直きもちがいい。次第にクールダウンしていく身体。

「なかなかいいところじゃないですか目黒天空庭園

思考は肉体から自由ではいられないのだ。
しばらく風に吹かれていると、思考から獣性が消えていく。

「まあ自分で『オーパス』って言っちゃうネーミングセンスはアレですが」

まだちょっと冷やしたりないようだ。もうちょっと歩いて屋内に戻ろう。
屋内へと続く出口が見えてきた。

「あれ、9階と同じ構造なんですね。そっくりだ」
「既視感があるくらい」
「ホントそっくりですね。これ9階にもあったし」

「…おれこの自販機で麦茶を買った気がするんですけど」
「まあ同じ商品構成なんでしょう」

「…このトイレに入った気がするんですが」
「トイレなんてどこも一緒です」

「…ひッ!?」
「どうしました?」
「エレベーターに、9階って書いてある…ッ!」

「…これ、永遠に出られないやつじゃないですか?」

現実にはALL YOU NEED IS KILLではなかった。目黒天空庭園は緩やかに登りながら円弧を描き、3階から9階へと続いていたのであった。暑さで思考がやられていたとは言え、天然で勘違いをしていた。おかげでとても楽しい体験ができた。

ちなみに後から見たら『オーパス夢ひろば』はO-path Yumehirobaであった。それカタカナで書かれたら絶対わかんないから!

踊る君を見て

もしおれが何かを喩えて「マーク・パンサーがジャパニーズヒップホップシーンに与えた影響くらい」って言ってたら、それは基本説明を放棄しているときです。玉虫色の回答と申せましょう。

玉虫色、というのは構造色です。色素を持っていないのにも関わらず、微細構造によって光が反射して特定の色に見えるというやつです。CDや黒揚羽、鰹の刺身などに見られます。牛肉でもそうですね。

人は食べてすぐに寝ると牛になるらしいので、我々の肉も虹色に光るようになる可能性があるわけです。まあ肉を切らなきゃ見えないんですけど。

江戸の末期、傾奇者として知られた大崎禄左衛門は当時禁忌とされていた(らしい/真偽不明)牛肉を好んだそうで、そのため牛肉が構造色を持つことを知っていたのでしょう。ために切腹を命じられた際、「我が首光らせん」とたらふく牛鍋を食べた後すぐに眠って臨んだとのことですが、さすがに介錯された首は光らなかったそうです。人は牛にはなれないのです。

……雑な嘘をついてしまいました。本当は人は牛になれるんです。だってあのマーク・パンサーも歌ってたじゃないですか、信じれば夢はかなう、的なことを。知らないけどたぶん歌ってたんじゃないかな。

ええと、構造色の話です。この話をすると「見る角度によって色が変わる」というトテモ含蓄のある喩え話をしたつもりになれます。よかったですね。

鳥や雲や夢までも掴もうとしている

住宅街の公園で、ぼんやりと未就学児が遊んでいるのを見ていた。どうやら鬼ごっこをするらしいのだけど、「転送しようぜ!」「オレ転送する!」などのセリフが非常に現代っぽい。異世界ものかよ。

おれが子供のころは「ワープ」してたように思うのだが、まあ人力ワープだ。この子らも別段ゲートが開いたりはしないだろうからきっと人力転送なのだろう。ってか転送ってなに?


他にも「ミッション」「エージェント」「ハンター」などと次々と新しい言葉が聞こえてきた。なんかすげえな、と思っていたら「じゃあ誰が鬼やる?」って、その世界観に鬼ぶっこむの無理じゃね? と突っ込みたくはなるのだけど元が鬼ごっこなのでそこは動かせないのだろう。


善意的に解釈するとして次元の歪みから来訪してくる「うごめくもの」たちは時間軸に縛られないため古代にも観測されていたことを示す記録を民俗学者が発見してそこに「鬼」と記されていたということにしましょうそうしましょう。そんでその民俗学者が鬼に取り込まれたことを契機に「圧倒する混沌」が発動し大厄災を引き起こしている、と。

あれでもこの設定だと鬼ってやっつけられる側だよね? こんな鬼ごっこでだいじょうぶか。


……ふと見ると子供たちは飽きたのかブランコで遊んでいた。お前ら設定資料ばっか作って1ページも書かない設定厨かよ!

天使と厨子王

金髪にしてると夏場に直射日光あびてもあんまり熱くならない、という豆知識。

土曜日の朝、とあるターミナル駅の構内に行列ができていて、なんだろうと見たら1000円カットの店だった。休日の朝に身だしなみを整えるのならもうちょっと気の利いたとこに行くような気がするのだけど、とぼんやりとした違和感。なんというか、食べなければ死ぬので立ち食い蕎麦に入ることはあるけど、髪は切らなくても死なない。死ぬか死なないかでは決まらないこともあるのだなあ、と。

川であなたの友人と恋人が溺れているとして、土曜日の朝に1000円カットの店で髪を切っていれば友人が助かり、美容院で切っていれば恋人が助かるのだとしたら、痛がる息子の手を先に離したほうが本当の母親である。風が吹けばバタフライエフェクト

物心がつく前に生き別れた姉と再会したらうれしいのだろうか。だって血は繋がっているかもしれないけど知らない人じゃん。

よい週末を!